最新記事

法律を学ぶと言うと六法全書を広げて条文を読むというイメージを持っている人もいますが、その条文を全て暗記しただけでは学んだということにはならないのです。問題はその条文に書かれていることを理解することであって条文を暗記することはあくまでそのための手段に過ぎないからです。また条文を暗記してもそれを実生活で役立たせることが出来なければ、何のためにそれを覚えたのか分からなくなってしまいます。大切なことは法律で学んだことを日常生活で生かすことなので、そのことをよく理解してそれを学ぶようにした方が良いです。極端なことを言えば条文に書かれていることを暗記しなくても、その条文に書かれている内容を理解さえすればそれで良いと言うことになります。もし国家試験を受ける場合にその条文を暗記しなければならないと言う場合には話しは別ですが、そうでなければ条文を丸ごと暗記しなくてもそこに書かれている内容さえ分かれば十分なのです。ですから法律を学ぶ際にはその点に気を付けて勉強をすることが大切です。

ライジングブル

株式会社ヤマダ電機

【フォトスタジオ】レンタル衣装がついたプラン

株式会社ヤマダ電機

お客様相談室も設置しております